【新体操】山崎浩子に旦那や子供はいる?過去には洗脳騒動もあった。

山崎浩子
スポンサーリンク

山崎浩子さんが新体操の強化本部長に就任してから日本の新体操のレベルはあがり、
東京オリンピックでは入賞を狙えるまできています。
そんな日本の新体操をメジャーにし
国際的にも活躍できる選手を育てた山崎浩子さんとは一体どんな人物なのか。もし子供がいたら子供も新体操をしているのか気になりませんか?

今回は新体操強化本部長の山崎浩子さんについて紹介します。

山崎浩子に旦那と子供はいるの?

山崎浩子さんは現在独身の61歳です。
子供はいません

山崎浩子さんは元、統一教会の信者でした。
山崎浩子さんには結婚を約束していた恋人がいましたがその人と別れてまで統一教会に入信して合同結婚式に参加しています。
一体、何があったのでしょうか?

1992年8月 山崎浩子さんは、統一教会の合同結婚式でマッチングして勅使河原秀行さんと結婚式に参加

山崎浩子さんのお相手は勅使河原秀行さん 
京都大学で大和証券の本社勤務、物腰も柔らかくて好感度も高く
さらに長身でイケメンだったことから「テッシー」との愛称でお茶の間では呼ばれてました

エリートで性格も良し!

1993年3月 山崎浩子さんの失踪事件
    4月 山崎浩子さんが会見
      勅使河原秀行さんとの婚約を解消、統一教会を脱退

教会からは入籍を勧められたいたそうですが、母親の一周忌が終わってからにしてほしいという姉の頼みがあり未入籍であった。

ハート

合同結婚式とは
統一教会の教祖は結婚式の当日に結婚相手を”マッチング”するのです。
会ったことも話したこともない男女カップルを結婚させていました。
日本人同士がカップルになることは珍しく
日本人と韓国人のカップルが多いみたいです。

山崎浩子さんと勅使河原秀行さんをマッチングさせた教祖は2012年に亡くなっています。


山崎浩子さんのお相手だった勅使河原秀行さんは、その後
1995年8月 
統一教会系の劇団に所属する和風美人を紹介され結婚。
統一教会の中でも出世したそうで、現在は4人の子供に恵まれて幸せに暮らしているそうです。

スポンサーリンク

山崎浩子が統一教会に入信したきっかけ

実は山崎浩子さんには結婚を約束していた恋人がいました。
その人と別れてまで統一教会に入信して合同結婚式に参加しました。

統一教会に入信してしまったきっかけは、手相や字画をみるという男性から印鑑を買った友人の話をきいて興味を持つ。1989年に今が転換期という言葉に共感して3本120万円に印鑑を購入

昔は異常に高額な印鑑とか布団とはアクセサリーとか売りつける商売ありました

この男性から自己啓発のビデオ学習を始める。
このあたりから本当に怪しいです!!!!

印鑑を購入した友人の話を聞くうちに、
洗脳されていき統一教会にのめりこんでいった。

山崎浩子

大学時代は新体操一筋で、オリンピックに出場したり一般の人とは違うストレスやプレッシャーのなかで生活していて入信したのが引退後なので心のスキマみたいのに付け込まれたのでしょう。

山崎浩子のプロフィール

山崎浩子さんのプロフィールを紹介します

山崎浩子

名前:山崎浩子 (やまさき ひろこ)
生年月日:1960年1月3日
出身地:鹿児島県指宿市
身長:154cm
体重:45kg

3人姉妹の末っ子として鹿児島県指宿市で生まれ
小学校教師だった父親の仕事の都合で3歳から中学生まで種子島で育つ。

鹿児島純心女子高等学校時代に新体操を始め、インターハイ・国体で団体優勝。

大学は新体操の名門である東京女子体育大学に進学し1979年から1983年まで全日本選手権5連覇を達成。
1984年にロサンゼルスオリンピックに出場し8位入賞し引退
引退後は、後進の指導にあたりつつテレビ番組「クイズダービー」にも出演しタレント活動も行っていた。
タレント活動が新体操のアマチュア規定に触れたため、新体操の業界には戻れないと言われていたが、子供たちを指導していく中で新体操スクールを作りたいと思い、新体操スクールを設立。

2004年春、北京オリンピック委員会新体操強化本部長に就任
日本ナショナル選抜チーム「フェアリージャパン」の指導にあたり7位入賞。
日本新体操の復活を目指して邁進している。
新体操をメジャーにした人であることは間違いない

新体操を本格的にやり始めたのは高校生からと遅く
幼児期に始めるのが普通ですよね。幼少期に他の習い事やスポーツをしていたかの情報はみつからなかったのですが、姉2人に比べると運動音痴だってそうです。

新体操

まとめ

今回は山崎浩子さんについて紹介しました。
洗脳騒動から見事復活され、日本の新体操界を盛り上げようと奮闘していらっしゃいます。
東京オリンピックでは、もしかしたらメダルも期待できるかもしれません。
フェアリージャパンを応援しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク