ベビーベッドなしでどこで寝る?レンタルか購入か。いつまで使う?代用のアイデアも紹介

スポンサーリンク

出産準備の中でベビーベッドを購入するか、しないのか迷うママは多いです。実際、私も1人目の時は迷いました。
新生児のときは実家に戻る予定だったので、実家にいる時はどうする?家に戻ったらどうする?など悩みました。
今回はベビーベットを使用しない場合はどうやって寝かすのか。
ベッドをレンタルした場合はいつまで使用するのか紹介します。

ベビーベッドなし、どこで寝る?

一日の大半を寝て過ごす新生児から1歳ごろまでは
お昼寝は寝室ではなくリビングが多いです。

寝室にベビーベッドを置くと
毎回、寝室に寝かせにいくなんて運んでいる間に起きてしまったら
寝かしつけの努力が水の泡です

リビングでベビーベッドがないときにお昼寝するなら

布団を使う
サークルで囲って、中に布団を敷く
コット
バウンサー
ハイローチェア

などがあります。
布団を使用する以外は、お昼寝の場合に使用できるものなので
夜の寝かしつけには使用しないでください。

夜、寝室で就寝のときは

布団で寝る
大人のベッドで一緒に寝る
ベッドガードの取り付け

ベビーベッドの代用アイデア

お昼寝の時間に使用する場合の代用です

サークルで囲う
コット
バウンサー
ハイローチェアを使用

を紹介しましたが、ひとつずつ説明します。

サークルで囲う

メリット

お昼寝以外でも歩き始めて危ないときにも使用できる

デメリット

サークルが部屋を占領し狭くなることを覚悟する必要がある

このサークルのなかにマットや布団を敷いて寝かせれば、いつの間にか起きていても安心

レイコップは我が家も愛用中で
取れるほこりやカスに驚愕します。

コット

保育園などで使用しているお昼寝コット

メリット

高さがありメッシュタイプなので通気性がよい
軽い
お手ごろ価格

スポンサーリンク
デメリット

高さがあるので寝返りをするようになると転落の可能性あり
(子供が通う保育園でコットから落下しました。という報告は聞かたことがないので
お昼寝程度の時間なら大丈夫です)

バウンサー

メリット

軽くて折り畳みができるので持ち運びが楽ちん
寝かせてから座らせるではなく→座らせていたら寝てくれるものという使い方が良い

デメリット

使用時間は1時間程度が推奨させている
使用は13kg,2歳ごろまでとあるがそんなに長くは使えない。

ハイローチェアを使用

メリット

安定感がある
背もたれを上げることができるので食事イスとしても使用は可能

デメリット

電動や音楽が流れるものは値段が上がるが実際は不要
重量があるので移動が大変
(例:戸建てで寝室とリビングが別階にある場合移動は重い)

ベビーベッドのレンタル

ベビーベッドは赤ちゃんのために作られた一番安全な空間です
ベビーベッドの購入・レンタルをオススメする人は

腰痛もちの人
ペットを飼っている人

腰痛もちの場合
布団だとおむつ替えも
前かがみになり姿勢がつらくなります
高さのあるベビーベッドを使用することで
腰痛が軽減されるのではないでしょうか

整骨院には定期的に通院して悪化させないように

ペットがいる場合
ペットも大事な家族なのですが
やはり毛や新生児との接触、ホコリは気になります
ベビーベッドを使用することで毛や不要な接触を避けることができます。

ベビーベッドはいつまで使う

ベビーベッドには大きさが2種類あります
通常サイズ(70×120) 生後24か月まで
ミニサイズ(60×90) 生後12か月まで

ミニサイズで十分です

ベビーベッドの使用対象年齢は新生児~2歳ごろまで
実際には2歳になっても
ベビーベッドを使用していたというを友達から聞いたことは
ありません。
新生児の時は寝ているだけ
寝返りができるようになったりする6ヶ月ごろになると
ベビーベッドの柵にぶつかったり
つかまり立ちをするようになると、柵を支えにつかまったりよじ登ったりと
危険になってきます。

急に動けるようになったりするので
一瞬、目を離したすきに!ということがありますので
ベビーベッドの高さが昇降できるものが良いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク