家庭用精米機のデメリットや寿命は?おいしくないウワサは本当? 業務用との違いやおすすめの家庭用精米機を調査。

rice
スポンサーリンク

いつものごはんをさらにおいしく食べたいときに、家庭用精米機で自宅で精米したてのお米ならもっとおいしいのではないかと考える人が多いはず。
最近は自宅で気軽に精米できる機械も増えましたが、メリットは何となくわかるもののデメリットや寿命が気になりませんか?

今回は家庭用精米機のデメリットや寿命、業務用との違いについても調査しました。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥10,400 (2022/01/19 20:47時点 | Amazon調べ)

家庭用精米機のデメリット5つ

家庭用精米機を使用する中でデメリットは大きく5つあります。

①精米機を置く場所が必要
②精米する手間が増える
③価格の差
④お手入れの面倒さ 糠掃除な
⑤精米時の音

などがあります。
ひとつずつ見ていきましょう。

精米機を置く場所が必要

家庭用精米機は本体の大きさがだいたい炊飯器1台分の場所となります。
精米はお米を炊く都度したいもの。
キッチンに出しっぱなしや取り出しやすい場所に置いておくなどしておかないとめんどくさくなって使わなくなる可能性があります。


精米する手間が増える

お米を炊く度に精米する必要がある。

価格

なんでもそうですが、価格の差が性能の差となります。
自分の求めている性能と価格のギャップがあるかもしれません。

お手入れの面倒さ

糠掃除をする必要がある。この掃除を怠ると精米機はが故障する原因とにもなる。

精米時の音

スポンサーリンク

家庭用精米機の精米方法のひとつで攪拌式(対流式)とも呼ばれ
精米カゴの中で攪拌棒や羽根を回転し、精米カゴを摩擦させて精米する方法だと音が大きくなる。

家庭用精米機の寿命は?

家庭用精米機の寿命は10年以上と言われています。
実際、使用している人の口コミをみても10年以上の使用して調子が悪くなったというのが多かったです。

https://twitter.com/cou55701884/status/1451333397733732393?s=20

家庭用精米機を使用している家庭が多いことが意外でした。
身近な家電製品なんですね。

家庭用と業務用の違い

rice


家庭用と業務用の精米機の違い
パワーの違い
着色してしまったお米を取り除く機械
がある

やはり業務用はパワーが違いますし家庭用には無い機能もあります。
どちらもメリット・デメリットはあります。

家庭用精米機はおいしくない?

自宅でおいしいお米を食べるために購入したのに”おいしくない”という声もあります。
お米は精米すると徐々に品質が落ちます。
適切な精米ができれば、精米直後が一番おいしいお米となるのです
この【適切な精米】がうまくできないと、せっかく精米機を購入して自宅で精米をしてもおいしくないという理由なのです。

精米機を使用して起こる問題
糠臭さが残る 
炊いたお米がべちゃべちゃになる

 

上記の問題の理由としては、
きちんと精米できていない
精米方式が荒いため、米が不十分白米が割れてしまい、
が考えれます。

精米機を買うよりは、米農家さんがしっかり精米したお米を適切な方法で保管することによりおいしいお米を食べられるという声もあるのです。

おいしく保存するための方法もおいしいお米を食べるポイントです。

おすすめの家庭用精米機

1万円前後で、軽くて、使いやすい家庭用の精米機を紹介していきます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥10,400 (2022/01/19 20:47時点 | Amazon調べ)
ツインバード(TWINBIRD)
¥6,980 (2022/01/19 21:18時点 | Amazon調べ)
山本電気
¥11,000 (2022/01/20 19:02時点 | Amazon調べ)

毎日使うものだからなるべく手軽に使いたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク