舛乃山が指定難病を発症。心臓病との関係は?復帰はいつ?【相撲】

舛乃山
スポンサーリンク

かわいい顔が印象の舛乃山関ですが、
相撲の取り組みは短期決戦を得意しています。
しかしそれには、理由がありました。

舛乃山関を襲った指定難病と
心臓の病気は
関係あるのでしょうか。

復帰の時期についても調べました。

舛乃山関のケガと心臓の病気と関係は?

舛乃山関は人より肺が小さく、
先天性の心疾患
の疑いがあります。
そして、
腰痛や膝の手術
なども経験しています。

心臓の病気

舛乃山関は
昔から体を動かすと
息切れをしていました。

デブだから
練習不足だから
と思っていました。

しかし稽古を
頑張っても
良くなる傾向がなく
病院で診察をしたら
人より肺の大きさが小さい
ことがわかりました。

あの大きな体なのに
人より肺が小さいとなると
日常生活でも
呼吸がつらかったり
するのではないでしょうか。

さらに、
心房中隔欠損症
という先天的な疾患
の疑いも見つかりました。

心臓の壁に穴が開いていて、
血液の循環が悪くなり酸素を取り込みにくくなる病気
です。

⇒その後の精密検査により
心臓には問題なし!との結果が
持久力不足については
呼吸法に問題があるということで
水泳やウォーキングを行っているそうです

医者には、
思いっきり動けるのは20秒と言われ
舛乃山関は20秒で勝敗を付けなくてはならないのです。

スポンサーリンク

大腿直筋のマヒ

2018年に康生労働省の指定難病
黄色靭帯骨化症
と診断されました。

舛乃山関を襲った
黄色靭帯骨化症
は一体どんな病気なのでしょうか

●黄色靭帯骨化症とは
脊髄(神経)の後ろにある黄色靭帯という靭帯が、骨になってだんだん大きくなり神経を圧迫して、主に足の麻痺を起こす病気です。
足のしびれや歩きにくさ膀胱の働きが悪くなる。

黄色靭帯の骨化は色々な原因が重なって起こると考えられます。
例えば、外力、加齢、遺伝、代謝などが原因としてあげられます。

https://www.nanbyou.or.jp/entry/58

心臓の病気が
直接の原因かはハッキリとわかりませんが、
おすもうさんは体重も重く、
足にかかる負担は相当大きいものだと思います。
一般の人よりも相当つらかったはずです。

筋肉と骨

舛乃山関は手術をしましたが、
現在も右足の大腿四頭筋のひとつ大腿直筋がマヒしていて機能していません。

舛乃山の復帰はいつ?

舛乃山関は9月から始まる秋場所にむけて稽古をしています。

体が戻ればいくらでも力が出せると思っている。
悪い所を治せば、いける。
がんばっていればいいことがあると思う。
『これ以上は上にいけない』というような、限界を知らないままだったので。
それに対する努力を人の何倍もして。行けるんだという気持ちでやり切りたいです。

https://www.chunichi.co.jp/article/108080?rct=generalsports

とても前向きな舛乃山関。
強い気持ちと
相撲に対する情熱
が伝わってきました。
こちらも元気をもらいます。

舛乃山関にSNSの声

土俵
数々の苦難に見舞われながら強い気持ちで頑張り続ける舛乃山。(早く報われますように)
舛乃山ちゃんにどうして試練ばかり、、、黄色靭帯骨化症とか大変な病気よ
何年か前の大阪場所で帰り辛そうに帰っていったのをよく覚えています

まとめ

現役の続行を決めた、
舛乃山関。
病気やケガとは
一生付き合っていかなければいけません。
あまり無理はしてほしくないですが、
どんな困難でも
前向きな姿勢で
ファンになってしまいました。

舛乃山関が
活躍する日が待ち遠しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク