ピザストーンの代用はホームセンターのタイルでできる!使用寿命やお手入れ方法、ピザ以外の活用法を紹介!

スポンサーリンク

ピザストーンといえばデロンギ(DeLongi)が有名ですよね
このピザストーンにのせ焼くだけでおしくなると話題になっています。
しかし、頻繁にピザを焼くわけではないのでなるべく安く、
手軽にホームセンターのタイルで代用できることがわかりました。
今回は、ホームセンターで売っているどんな種類のタイルであれば代用できるか、
使用寿命やお手入れ方法を紹介します。

ピザストーンの代用品

おいしく焼きあがるのであれば
市販のピザスト―ンではなく
ホームセンターにある
無釉の粘土から作られた吸水性の高いタイルということで
テラコッタタイルが代用できます。

釉薬なし(素焼き)のものを選びましょう
釉薬は鉛を含むので毒性があります

他には、粘土や頁岩(けつがん/シェール)製のタイルであれば代用できます。

テラコッタタイルと検索しても、
インテリアとしてや外壁や床材として利用することが多いため
コーティングしてあるものがほとんどでした。


素焼きのものとなると
値段もお手ごろとは言いにくい。
”ピザストーン
として販売されているものを購入したほうが
値段的にも結果的に良いことがわかりました。

市販のピザストーンだと自宅のオーブンのサイズと合うものを購入してください

口コミの良いピザストーンを紹介します

屋外でピザを焼くならこちらもオススメ!

ひとつ持ってると便利

ピザストーンの寿命


ピザストーンの寿命は、割れてしまったときです。
割れるまでは使用することができるということです

割れてしまう原因としては、
ピザストーンが多量の水を含んだとき
急激な温度変化があったとき

ひび割れてしまったり、われてしまったりする可能性が高くなります。

長く使うためのお手入れのポイント3つ

スポンサーリンク
  • 洗うのはピザストーンが冷めてから
  • ピザストーンを長時間水につけない
  • 使用後はしっかり乾燥

いつのまにか割れていたり
2回目使用後に使おうと思ったら割れていたなど
頻繁に使用するものではありませんので使おうと思ったときに使えないのは困りますよね。

デロンギのピザストーンだと
10年程度使っていたという口コミもありました

配達のピザをレンジで温め直すとおいしくなくなるよね。
ピザストーンを使えば焼きたてに戻るよ!

ピザストーンのお手入れ方法


ピザストーンは粘土を1300度で焼き上げた
セラミックでできています。

普段のお手入れ
洗剤は使わず油汚れは
かたく絞ったぬれふきんで拭き取る
スポンジで水洗いする

焦げ付いた場合
焦げ付いた部分をヘラなどを使ってはがす
オーブンで220度、5分加熱する
粗熱が取れたらお湯ですすぎ乾燥する

そのほかにピザストーンの注意点としては

注意
食器洗い機は使用できません
汚れを完全に取ることはできませんが使用に問題はありません

お手入れを間違えなければ長く愛用できるピザストーン
これ一枚でピザのサクサク感がアップするので
一枚購入しても収納の場所も取らないしオススメです

ピザを焼く以外の活用法

pizza

ピザストーンは、ピザストーンの上にのせた料理の余分な水分を吸って
料理をおいしく仕上げます。
生地から作ったピザはもちろんおいしく焼くことができますし
宅配ピザや冷凍ピザでも温めるとさらにおいしくなります。

他にも
焼き芋
アップルパイ
ナン
クッキー
などもおいしく焼くことがでますので一度試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク